Diary of Grandcross 2018.4.21

Copyright (p)2018.Grandcross.info site, all right reserved.

Move image Animate picutures Guitar effector 楽譜・スケール home Audio page 会社概要 Diary of essays
back

Diary of Grandcross 2018.4.21

Copyright (p)2018Grandcross.info site, All right reserved.

Diary of Grandcross 2018.2.12

Copyright (p)2018Grandcross.info site, All right reserved.


menu

Diary of Grandcross 2018.2.10

Copyright (p)2018Grandcross.info site, All right reserved.

picture of Grandcross
  • Guitarのエフェクターは、歪み系(Drive)、周波数系(イコライザー)、空間系(リバーブ、ディレイ)、トーン周波数系(コーラス、フランジャー)、種は数カット系(ゲイト)、アンプシミュレーター、音圧系(コンプレッサー、リミッター)
  • ドライブ系は、オーバードライブ(インプット・レベルが10デシベルを超え、レッドゾーンで振り切れて、落ち、立ち上がるの繰り返しの断続的な音)、ディストーション(ミドル・カットにより、音が、切れ切れに歪む:ターン数をいじれる)
  • その歪んだ音に、さらに、アンプシミュレーターのゲインを上げることで、2重に歪む。そして、キャビネットシミュレートにより、大音量感の残響音を付与。ブリティッシュ・ビンテージ・リード・アンプに、スタックキャビネットを選択。
  • イコライザーで、人間の一番聴きやすい音域、ミドルレンジをブースト。1Khzあたりを山型のグラフィックイコライジングをする。そしてコンプレッサーで、入力の小さい音をあげ、リミッターで、粒を揃える
  • そこにホール・リバーブを30/100程度かけ、ショート・ディレイで音像をぼかす。
  • さらに、ゲートをかけ、高周波のガリノイズ、ハムノイズをカット。

Diary of Grandcross 2018.2.11

Copyright (p)2018Grandcross.info site, All right reserved.

楽譜・スケール

ト音記号に付ける・#、♭の規則等
keyboard
ドからオクターブ上のドまで半音13個、白い鍵盤8個で、ミとファのの間には黒鍵がない。白黒白黒白白黒白黒白黒白白の順
メジャースケール(長調:長3度)は、主音、全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音
マイナースケール(短調:短3度)は、主音、全音、半音、全音、全音、半音、全音、1音半
ハーモニックマイナースケールは、1音半づつ、ディミニッシュは主音長3度から1音半づつあがる。
ミの#はファ、シの#はド。ファの♭はミ、ドの♭はシ。

C:ハ長調=イ短調。ドレミファソラシド=ラシドレミファソラ

#はファから4度下5度上4度下5度上4度下のようにつける。フラットはシから4度上5度下4度上5度下とつける。
最後に#がついたところが(シ)(主音から7度上)になる。最後に♭がついたところが(ファ)(4度の音)になる。
(8)G、ト長調=Em、ホ短調、
G、ト長調=Em、ホ短調、
ソラシドレミ(ファ#)ソ
ミ(ファ#)ソラシドレミ
(3)D、ニ長調=Bm、ロ短調、
レミ(ファ#)ソラシ(ド#)レ
シ(ド#)レミ(ファ#)ソラシ
(10)A、イ長調=F#m、嬰ヘ短調、
ラシ(ド#)レミ(ファ#)(ソ#)ラ
(ファ#)(ソ#)ラシドレミ(ファ#)
(5)E、ホ長調=C#m、嬰ハ短調、
ミ(ファ#)(ソ#)ラシ(ド#)(レ#)ミ
(ド#)(レ#)ミ(ファ#)(ソ#)ラシ(ド#)
(12)B、ロ長調=G#m、嬰ト短調、
(12)
シ(ド#)(レ#)ミ(ファ#)(ソ#)(ラ#)シ
(ソ#)(ラ#)シ(ド#)(レ#)ミ(ファ#)(ソ#)
(7)F#、嬰へ長調=D#m、嬰二短調、
>
(ファ#)(ソ#)(ラ#)シ(ド#)(レ#)(ミ#=ファ)(ファ#)
(レ#)(ミ#=ファ)(ファ#)(ソ#)(ラ#)シ(ド#)(レ#)
(6)F、ヘ長調=Dm、ニ短調、
ファソラ(シ♭)ドレミファ
レミファソラ(シ♭)ドレ
(11)B♭、変ロ長調=Gm、ト短調、
(11)
(シ♭)ドレ(ミ♭)ファソラ(シ♭)
ソラ(シ♭)ドレ(ミ♭)ファ
(4)E♭、変ホ長調=Cm、ハ短調、
(ミ♭)ファソ(ラ♭)(シ♭)ドレ(ミ♭)
ドレ(ミ♭)ファソ(ラ♭)(シ♭)ド
(2)D♭、変ニ長調=B♭m、変ロ短調、
(レ♭)(ミ♭)ファ(ソ♭)(ラ♭)(シ♭)ド(レ♭)
(シ♭)ド(レ♭)(ミ♭)ファ(ソ♭)(ラ♭)(シ♭)
(7)G♭、変ト長調=F#、嬰へ長調、E♭m、変ホ短調=D#m、嬰二短調。
(ソ♭=ファ#)(ラ♭=ソ#)(シ♭=ラ#)(ド♭=シ)(レ♭=ド#)(ミ♭=レ#)(ファ=ミ#)
(ミ♭)ファ(ソ♭)(ラ♭)(シ♭)(ド♭=シ)(レ♭)(ミ♭)
(13)補足
#7個のC#(嬰ハ長調)=D♭(変二長調)(シの#はド、ミの#はファ)、♭7個のC♭(ハ長調)(ファの♭はミ、ドの♭はシ)はB(イ長調)と同じ。

最初に使うコードがキーになることが多い。例えばAメロでAmから始まる場合キーはAmで、サビでCから始まる場合転調しないで(C=Amなので)マイナーからメジャーに移行する。例外としてF、G、Amと進む場合でこの場合キーはAmである。
おまけ
>

top home Audio page 会社概要 Diary of essays